労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

事業場と業種|労働安全衛生法とはどんな法律?

安衛法は「事業場」単位で事業の業種区分や労働者数などの規模によって、様々な規則=ルールを設けています。



では、「事業場」とは一体どういうものでしょうか。

基本的には労働基準法と同じで、1個の事業場と扱われるかどうかは、主に「同じ場所にあるか、離れた場所にあるか」で決められ、同じ場所の者は「1個の事業場」と扱われ、場所的に離れているものは「別個の事業場」と扱われます。

例えば東京に本社、鹿児島に工場がある会社は、現実にはまとめて1個の会社ですが、安衛法上は離れた場所にあるので、それぞれ「別個の事業場」と扱われます。

例外として、場所的に離れていても規模が著しく小さく、組織的な関連や事務能力を考慮して、事業場として独立性がないものは、近くにある上位の事業場と一括して1個と扱われます。

さらに、本社と工場が同じ場所にあるなど、物理的に同じ場所で違う種類の事業が行われている場合は、例え同じ場所にあっても働き方が著しく違うので、それぞれ別個に扱う方が安衛法を適切に運用できる場合、それぞれ「別個の事業場」として扱われます。

安衛法では、安全衛生管理体制の整備など事業の「業種」区分によってそれぞれ違うルールを設けている場合があります。

「業態」区分は「その業態に応じて個別に決めるもの」とされていて。事業場単位で判断していくことになります。

例えば、タオル製造の会社は製造業と扱われますが、同じ会社でも「人事」「経理」などをメインに行っている、いわゆる本社は「その他の事業」扱いになります。

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
労働安全衛生法って何?
事業場と業種
事業者と労働者
「事業者の責務」「労働者の責務」って何?
労働災害防止計画
中高年齢労働者の安全対策
安全衛生管理体制を見てみよう
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
監督、その他
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜










労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。