労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

「衛生管理者」って何?|安全衛生管理体制を見てみよう

衛生管理者は、総括安全衛生管理者の指揮を受けながら事業場の「衛生」に関する技術的事項を管理します。



総括安全衛生管理者の選任が義務付けられていない事業場でも、衛生管理者の選任が必要な場合があります。

衛生管理者の業務は、以下の事項のうち、衛生に関する技術的事項の管理です。

(1)労働者の危険または健康障害を防ぐための措置に関すること

(2)労働者の安全または衛生教育の実施に関すること

(3)健康診断の実施その他健康保持増進のための措置の関すること

(4)労働災害の原因調査及び再発防止対策に関すること

(5)労働災害を防ぐために必要な業務で、(1)〜(4)の他に厚生労働省令で定めるもの

衛生管理者は業種を問わず、常時使用する労働者数が50人以上の場合は選任しなければなりません。

また、選任は免許や一定の資格を有している者の中からで、業種によって選任できる免許または資格が決められています。

選任すべき事由が発生した日から14日以内に衛生管理者を選任し、所轄労働基準監督署長に選任報告書を遅れなく提出しなければなりません。

選任数 50〜200人 1人 1001〜2000人 4人
201〜500人 2人 2001〜3000人 5人
501〜1000人 3人 3001人以上 6人
資格 事業の業種に応じて、一定の免許または資格を有している、次の者の中から選任しなければならない
(1)農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業
イ 第一種衛生管理者免許を有する者 ロ 衛生工学衛生管理者免許を有する者
ハ 医師、歯科医師等
(2)その他の業種
イ 第一種衛生管理者免許を有する者 ロ 第二種衛生管理者免許を有する者
ハ 衛生工学衛生管理者免許を有する者 ニ 医師、歯科医師等
罰則 選任すべきなのに専任しなかった場合や、専任しても業務を完全に行わせなかった場合、事業者は50万円以下の罰金。

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
安全衛生管理体制の全体像
「総括安全衛生管理者は」統括責任者?
「安全管理者」って何?
「衛生管理者」って何?
「安全衛生推進者」と「衛生推進者」
「産業医」って何?
「専属の」産業医
産業医の業務
下請混在事業場での安全管理体制(1) 統括安全衛生責任者
下請混在事業場での安全管理体制(2) 安全衛生責任者
下請混在事業場での安全管理体制(3) 元方安全衛生管理者
下請混在事業場での安全管理体制(4) 店社安全衛生管理者
安全委員会、衛生委員会、安全衛生委員会の違い
安全委員会、衛生委員会、安全衛生委員会の運営
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
監督、その他
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜












労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。