労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

産業医の業務|安全衛生管理体制を見てみよう

産業医の業務は次の通りです。



(1)健康診断の実施及び面接指導の実施並びにこれらの結果に基づく労働者の健康保持のための措置に関すること

(2)作業環境の維持管理に関すること

(3)作業の管理に関すること

(4)上記の(1)〜(3)の他、労働者の健康管理に関すること

(5)健康教育、健康相談その他労働者の健康を保持促進するための措置に関すること

(6)衛生教育に関すること(7)労働者の健康障害の原因調査及び再発防止のための措置に関すること

産業医がその業務を全うするためには、独立した一定の権限が必要なことから、事業者は産業医に対して(1)〜(7)の仕事をなり得る権限を与えなければなりません。

産業医が労働者の健康を確保するため必要と認める時、次のような勧告などをすることができます。

(1)労働者の健康管理についての事業者に対する勧告

(2)労働者の健康障害を防ぐための総括安全衛生管理者に対する勧告

(3)労働者の健康障害を防ぐための衛生管理者に対する指導・助言

産業医は少なくとも毎月1回は作業場を巡視し、作業方法または衛生状態に有害の恐れがある時は直ちに必要な措置を講じなければなりません。

「作業主任者」の選任が必要な作業

事業場で行われる作業には様々なものがありますが、中には危険を伴うものもあります。

安衛法では労働災害を防ぐために管理を必要とする一定の危険または有害な作業・設備をあらかじめ定め、それらに該当するものについては、一定の専門技術を持っている「作業主任者」に直接管理監督させることにしました。

作業主任者の業務は、作業によって違ってきますが、主な業務は「危険作業の指揮」「有害設備の管理」です。

なお、安全管理者などのような選任報告義務はありませんが、「作業所の見やすい場所に作業主任者の名札を掲示する」「作業主任者自身に腕章を携帯させる」などの手段を取って、関係労働者に周知しなければならないことになっています。

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
安全衛生管理体制の全体像
「総括安全衛生管理者は」統括責任者?
「安全管理者」って何?
「衛生管理者」って何?
「安全衛生推進者」と「衛生推進者」
「産業医」って何?
「専属の」産業医
産業医の業務
下請混在事業場での安全管理体制(1) 統括安全衛生責任者
下請混在事業場での安全管理体制(2) 安全衛生責任者
下請混在事業場での安全管理体制(3) 元方安全衛生管理者
下請混在事業場での安全管理体制(4) 店社安全衛生管理者
安全委員会、衛生委員会、安全衛生委員会の違い
安全委員会、衛生委員会、安全衛生委員会の運営
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
監督、その他
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜










労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。