労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

職場のメンタルヘルスケア|健康の保持増進のためにすべきこと

最近、職場環境や仕事の悩みから心のバランスを崩す労働者が増えています。



職場には、労働者だけでは取り除けないストレス要因が存在することから、企業が積極的にメンタルへするケアを行うことがとても大切です。

次の4つのケアを継続的・計画的に進めます。

(1)セルフケア 労働者自身がストレスや心の健康について理解し、ストレス予防、軽減、あるいはこれに対処する必要があります。

(2)ライン(現場の管理監督者)によるケア 労働者の労働状況を日常的に把握し、ここの労働者に過度な労働、過重な疲労や心理的負荷、責任が生じないように心がけましょう。また、相談に対応することも大切です。労働者の表情、目の輝き、福屋作業医の汚れ、頭髪の乱れなど、ちょっとした変化に気付けるのは、現場の管理監督者です。

(3)事業場内産業保健スタッフによるケア 産業医、衛生管理者、保健師などがそれぞれ連携しながら、労働者や管理監督者からの相談に対応します。また、管理監督者だけでは解決できない職場配置、人事異動などは人事労務管理担当者が対応する必要があります。

(4)事業場外資源によるケア 産業医、保健師などの事業場内で必要スタッフの確保が難しい場合には、精神保健センター、都道府県産業保険推進センター、産業カウンセラー、臨床心理士などの専門家を活用することも必要です。

メンタルヘルスケア推進にあたっての留意事項
心の健康については、その評価は容易ではなく、また、心の健康問題の発生過程には個人差が大きいこと
プライバシーの保護及び労働者の意思の尊重に留意すること
人事労務管理と連携する必要もあること
心の健康問題は、家庭・個人生活等職場以外の問題も影響を受けていることがあること

心の健康づくり計画で定める事項
事業場における心の健康づくりの体制整備
事業場における問題点の把握及びメンタルヘルスケアの実施
人材の確保及び事業場外資源の活用
労働者のプライバシーへの配慮
その他労働者の心の健康づくりに必要な措置

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
健康診断は会社の義務?
常用労働者を雇い入れる時の健康診断
海外派遣者の健康診断
一般健康診断の結果通知と保健指導
有害業務に従事する労働者の健康管理
健康診断の時間と費用
健康診断が終わったら?
「自発的健康診断」って何?
医師の指導による面接指導の実施
職場のメンタルヘルスケア
快適な職場環境を作るためには(1)
快適な職場環境を作るためには(2) VDT作業時間と作業管理
監督、その他
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜
















労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。