労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

健康の保持増進のためにすべきこと

健康診断は会社の義務?
どんなに仕事ができる社員でも、病気にかかって欠勤が増えれば、その人の不幸だけでなく、会社にとっても大きな損失です。

常用労働者を雇い入れる時の健康診断
労働者を雇用したら、事業者は健康診断をしなければなりません。これが「雇い入れ時健康診断」と呼ばれるものです。

海外派遣者の健康診断
海外派遣は職場環境だけでなく、生活環境も大きく変わるので、派遣される労働者は様々な負担を強いられることになります。

一般健康診断の結果通知と保健指導
高齢化が急激に進む中、一般健康診断の結果、高血圧性疾患や虚血性心疾患など脳・心臓疾患に繋がる所見の労働者が増加しています。

有害業務に従事する労働者の健康管理
業務の中には、他と比べてその業務が原因で疫病にかかる可能性が高いものがあります。一定の有害業務に従事する労働者については、事業者は一般健康診断の他、次の特殊健康診断も行わなければなりません。

健康診断の時間と費用
いわゆる「一般健康診断」は、一般的な健康確保が目的なので、業務遂行と関連してお子縄手いないため、事業者が受診中の時間に賃金を支払う義務はありません。

健康診断が終わったら?
事業者は、健康診断の結果に基づいて作成した健康診断個人票を5年間保存しなければなりません。また、一定のものについては、所轄労働基準監督署長へ報告する必要があります。

「自発的健康診断」って何?
深夜業とは、午後10時〜午前5時までの間働くことをいいます。社会的ニーズや生活環境の多様化に伴い、深夜に働く労働者が増えています。

医師の指導による面接指導の実施
現在の医学的知見によれば、労働者に長時間労働などの過重労働をさせたことによる疲労が知育セキされている場合、脳・心臓疾患発症のリスクが高まるといわれています。

職場のメンタルヘルスケア
最近、職場環境や仕事の悩みから心のバランスを崩す労働者が増えています。職場には、労働者だけでは取り除けないストレス要因が存在することから、企業が積極的にメンタルへするケアを行うことがとても大切です。

快適な職場環境を作るためには(1)
労働者の生活時間の1/3は会社で過ごすものです。会社は労働者にとって生活の場ともいえますが、こうした生活の場が疲労やストレスの素で満ちていたら・・・

快適な職場環境を作るためには(2) VDT作業時間と作業管理
職場のIT化が進むとともに、VDT(Visual Display Terminals)が広く導入されるようになりました。結果、職場環境や労働形態などの大きな変化で、心身の疲労を訴える労働者が増えています。

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
健康診断は会社の義務?
常用労働者を雇い入れる時の健康診断
海外派遣者の健康診断
一般健康診断の結果通知と保健指導
有害業務に従事する労働者の健康管理
健康診断の時間と費用
健康診断が終わったら?
「自発的健康診断」って何?
医師の指導による面接指導の実施
職場のメンタルヘルスケア
快適な職場環境を作るためには(1)
快適な職場環境を作るためには(2) VDT作業時間と作業管理
監督、その他
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜
カードローン 借り換え




















労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。