労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

コンサルタント|監督、その他

技術の発展に伴い、安全衛生について専門的な立場からの指導や診断の必要性が高まっています。



安衛法では、民間有識者の知識を活用して、職場での自主的な安全衛生対策を図るためにコンサルタント制度が定められています。

「労働安全コンサルタント」は労働者の安全水準向上を図るため、職場の安全診断とそれに基づく指導を行い、「労働衛生コンサルタント」は労働者の衛生水準向上を図るため、職場の衛生診断とそれに基づく死闘を行います。

コンサルタントになるには国家試験に合格しなければなりません。

労働安全コンサルタントは「機械」「電気」「化学」「土木」「建築」の、労働衛生コンサルタントは「保健衛生」「労働衛生工学」の試験区分があり、筆記と口述によって行われます。

試験区分はコンサルタントの活動分野を制限するものではなく、あくまで得意分野を示すものです。

従って「電気」の区分で受験しても、建築現場や化学プラントなどについてのコンサルタント活動はできます。

コンサルタントは安全や衛生の専門家であることが求められるため、受験資格には理科系統の基礎学力と安全衛生に関する実務経験などが必要です。

なお、コンサルタント業務を行うためには、国家試験に合格後、社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会に登録しなければなりません。

受験資格
労働安全コンサルタント 労働衛生コンサルタント
(1)大学において理科系統の正規課程を修めて卒業し、その後5年以上安全の実務に従事した者
(2)短期大学・高等専門学校で理科系統の正規課程を修めた卒業し、その後7年以上安全の実務に従事した者
(3)高等学校(旧中等学校含む)で理科系統の正規課程を修めて卒業し、その後10年以上安全の実務に従事した者
(4)技術士試験合格者
(5)第1種電気主任技術者
(6)1級土木施工管理技士及び1級建築施行管理技士
(7)1級建築士試験合格者
(8)安全管理者として10年以上の従事者
(9)厚生労働大臣が指定する安全に関する講習を修了し、なおかつ15年以上の安全実務の従事者
(10)その他厚生労働大臣が定める者
(1)大学において理科系統の正規課程を修めて卒業し、その後5年以上衛生の実務に従事した者
(2)短期大学・高等専門学校で理科系統の正規課程を修めた卒業し、その後7年以上衛生の実務に従事した者
(3)高等学校(旧中等学校含む)で理科系統の正規課程を修めて卒業し、その後10年以上衛生の実務に従事した者
(4)医師国家試験合格者
(5)歯科医師国家試験合格者
(6)薬剤師
(7)保健師として10年以上の従事者
(8)技術士試験合格者
(9) 1級建築士試験合格者
(10)衛生管理者のうち、衛生工学衛生管理者免許を受けた後、3年以上衛生に係る技術的事項で衛生工学に関するものの管理業務従事者
(11)衛生管理者として10年以上の従事者
(12)作業環境測定士として3年以上の従事者
(13) 厚生労働大臣が指定する衛生に関する講習を修了し、なおかつ15年以上の衛生実務の従事者
(14)その他厚生労働大臣が定める者

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
監督、その他
安全衛生改善計画の作成
コンサルタント
厚生労働大臣などへの届出
厚生労働大臣などの審査
事業者の四重責任
違反行為に対する安衛法上の罰則
安全配慮義務とは
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜































労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。