労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト 

衛生管理者試験ラクラク合格勉強法

実は人間が通常の職業生活を営むための様々なペースになっているのが、労働安全衛生法なのです

サイトマップ

厚生労働大臣などへの届出|監督、その他

労働災害には、起こるべくして起こるケースもあります。最近は安全性よりも経済性が優先され、過度の合理化が重度の労働災害を引き起こしています。



安衛法では、大きな危害が発生しそうな設備や労働者の安全衛生を脅かす生産方法・工法の採用を事前に防ぐために、次のような届出を事業者に義務付けています。

(1)一定の業種及び規模の事業場において、建設物もしくは機械等を設置し、移転または主要構造部分を変更しようとする時は、工事開始日の30日前までにその計画を労働基準監督署長へ届け出なければならない

(2)業種、規模に関わらず、危険もしくは有害業務で使用する機械などを設置し、移転またはこれらの主要構造部分を変更しようとする時は、工事開始日の30日前までにその計画を労働基準監督署長へ届け出なければならない

(3)特に大規模な建設業の仕事の計画は、その仕事の開始日30日前までに直接、厚生労働大任に届け出なければならない

厚生労働大臣や労働基準監督署長は、届出があった計画が安衛法の基準を満たしていない時は、工事や仕事の開始差し止め、計画の変更を命令することができます。

また、仕事の発注者に対しても勧告や要請を行うことができます。

『感情の法則』無料音声セミナー
TOP
労働安全衛生法とはどんな法律?
安全衛生管理体制を見てみよう
労働者の危険と健康障害を防ぐ
特に危険な作業を必要とする機械と有害物質の規制
派遣労働者の安全衛生
労働者が就業するために必要なこと
健康の保持増進のためにすべきこと
監督、その他
安全衛生改善計画の作成
コンサルタント
厚生労働大臣などへの届出
厚生労働大臣などの審査
事業者の四重責任
違反行為に対する安衛法上の罰則
安全配慮義務とは
ロト6投資ソフト 無料お試し版
幸せな投資家になるための無料メール講座
ライティングサクセスロード〜アフィリエイトで1000万円以上稼いだライティングの秘密〜
普通の人がお金持ちになる為の7つの魔法 〜与沢翼が上海の大富豪に聞いた本当のお話〜



労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。